子供の発達障害をサポートするABAに基づく児童発達支援サービス

子供の発達障害をサポートする児童発達支援サービスを利用しました。児童発達支援は障害を持つ子供に対する支援で福祉や教育、心理の面で幅広い援助を行っています。

対象者は主に未就学の子供で、日常生活の基本知識や動作を習得します。児童発達支援サービスを利用したい場合は、自治体が発行している障害児通所受給者証が必要になります。

障害児通所受給者証を取得すると、1年に1回更新すれば継続して利用できます。サービスの利用料金は、世帯の所得や子供の年齢によって決まっています。

利用したサービスは、ABAに基づく児童発達支援サービスです。ABAとは応用行動分析を指し、ABAに基づく児童発達支援サービスでは子供の行動を分析して問題を解消します。

ABAは、発達に課題を持つ子供の問題行動を適切な行動に変える方法です。発達障害の問題に悩んでいる人は、児童発達支援サービスを活用すると心身の負担を軽減できます。

ABAに基づく児童発達支援サービスでは、様々な支援プログラムが用意されています。最初にカウンセリングがあり、子供と一緒に面談を受けて希望を伝えます。

中期と長期の目標を設定し、次に短期の目標を設定して支援プログラムを作成します。支援プログラムを受けるようになって問題行動が減ったので、安堵しています。

衣類の着脱やトイレ、手洗いなどの自助スキルだけでなく球技などの運動スキルも学べます。他者と一緒に遊ぶコミュニケーション能力も高くなったので、家族で喜んでいます。
てらぴぁぽけっと三郷駅前教室

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。